対象疾患

医学的リハビリテーションには急性期・回復期・維持期の3つの段階があります。
回復期リハビリテーションとは、発症1か月を目処とした急性期リハビリテーションの後、疾患管理に留意しつつ、能動的で多彩な訓練を中心とするリハビリテーションのことを指します。

脳血管疾患・脊髄損傷・大腿骨頸部骨折・廃用症候群などを対象に、従来の訓練室中心の訓練だけでなく、各病棟にも訓練室を備えております。その環境の中で患者さまの家庭・社会復帰をめざしていきます。

回復期リハビリテーション病棟への入院対象患者さま

  対象となる疾患 発症後又は手術後 入院期間(※)
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎 、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後 若しくは手術後の状態または義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内の患者さま 150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む 多部位外傷の状態 180日以内
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の発 症後又は手術後の状態 90日以内
3 外科的手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又 は発症後の状態
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内の患者さま 60日以内
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日以内

※入院期間は患者さまの状態により異なります。

障害者施設等一般病棟への入院対象患者さま

呼吸管理の必要な患者さまや、合併症のある患者さまでも安心して療養することができます。
すでに在宅・施設などで療養中の患者さまの急変時の対応や、患者さまのご家族のレスパイト・ケアのための入院も受け入れています。

  対象となる患者さま
1 重度の肢体不自由者・脊椎損傷などの重度障害者(脳卒中後遺症と認知症を除く)
2 重度の意識障害者
3 神経難病(パーキンソン病[ホーエンヤールのステージ3以上かつ生活機能障害がII度またはIII度以上の方]、スモン病等)